MENU

効果のあるおすすめの育毛剤はこれ!発毛期間も調査!

育毛剤の中でも効果があると言えるのがミノキシジルを配合している物であり、その他の育毛剤は毛色が違った存在として扱われています。

 

効果があると見られている育毛成分はその他にもいくつもありますが、しかしながら臨床試験を行い、医学的にも正式に認められている成分というのは数が少ないのです。

 

その点、ミノキシジルは医学的にも効き目のある成分ということが確認され認められていますので、作用の信憑性という面では大きくその他の成分を引き離していると言えるでしょう。

 

ミノキシジルが注目されているのは医学的な根拠がある成分という理由だけでなく、男性型脱毛症に対しての効果が確認できているという点も挙げられます。

 

男性型脱毛症は男性が薄毛になる最たる理由として考えられていますが、非常に強力な脱毛物質によって薄毛が促進されてしまう症状の為、改善が難しいとされてきました。

 

ところがミノキシジルは男性型脱毛症に関しても回復効果が認められていますので、薄毛の悩みを克服する為の画期的な治療成分としても注目度の高い存在なのです。

 

因みに薄毛治療の有効度を示すガイドラインが存在するのですが、ミノキシジルはトップクラスのA判定の有効性があるとされています。その他の有効性があると言われる治療法を抑えてのA判定であり、現代の薄毛治療のベーシックな存在として扱われているのです。

 

では、ミノキシジルとはどのような作用秩序を持つ成分なのかについてですが、主な作用は血管を拡張する働きがあることです。それによって血流が良くなる為、毛母細胞にも栄養や酸素が行き届き易くなり育毛及び発毛を促すことができるのです。

 

ただし、血管拡張の作用のみがミノキシジルの効果というわけでもありません。同じように血管拡張の働きをする成分はその他にもありますが、それらの成分ではミノキシジルのような効果は得られなかったという報告もあります。

 

つまりミノキシジルは血管拡張以外の作用も持っていると見られ、まだ薬理学的には不明瞭な点があるものの、何らかの作用で好影響をもたらしていると考えられているのです。

実際に効果のある育毛剤は?

ミノキシジルを配合した育毛剤で対策をする場合、気になるのがどの程度の期間で効き目が見られるのかという点かと思われますが、効き目が出るまでの期間は個々によって差があります。

 

早い場合ですと半年もせずに髪の毛にハリコシが出てきたり、産毛が育ってくるといった変化を感じることができるようですが、長い場合ですと1年以上も時間が掛かってしまうことがあります。

 

その為、どの程度の期間、使用し続ければ良いとは一概に言えません。ただし、基本的には最低でも半年程度は継続して様子を見るのが育毛剤を使用する上での鉄則でもありますので、まずは半年を目安に使用してみるのが良いと言えるでしょう。

 

効き目が出難い時には使用方法に気を配ってみることも大事なのですが、特に男性型脱毛症への対策として使用する際には内服薬を併せて利用するといった工夫が必要になることがあります。

 

そもそも男性型脱毛症の原因はDHTと呼ばれる強力に脱毛を促進させる悪玉の男性ホルモンなのですが、この問題物質が高濃度に存在しているようですとミノキシジルの効き目も小さくなってしまいます。

 

専用の内服薬にはDHTを抑制する働きがありますので、ミノキシジルとセットで使用することによって効き目をさらに高めることができると言われています。実際に病院で治療をする時にも両者がセットで処方されることもありますので、同時に活用していくのが上手く作用させる為のポイントになってくると言えます。

結局おすすめの育毛剤はどれなの?

その他にも大事なのが生活習慣を見直すことです。ミノキシジルのような効き目の高い成分を用いたとしても、食事内容が乱れていたり、睡眠時間が少ないなどのマイナス点があるようですと効き目が小さくなってしまいます。

 

育毛・発毛の為には生活習慣も改善し、内面から健全な髪の毛が発毛するように体質改善をしていくことも大事ですので、トータルケアによる対策をしなければいけないのです。

 

ミノキシジルを配合した育毛剤で薄毛対策をすることで改善できる可能性が高くなると言えますが、ただ副作用があるというネガティブな面に関しても理解した上で使用するようにしなければいけません。

 

主な副作用に頭皮のかゆみやかぶれが挙げられます。体質によってはずっとこうした症状が出続けてしまうことがあり、無理に使ってしまうのは反対に薄毛リスクをアップさせることにもなりますので注意しましょう。

 

多毛症といった副作用が起こることもあります。これは頭皮以外の余計な部分に発毛が確認される症状ですが、育毛剤として使用する際には発生する可能性は高くないものの、それでもムダ毛が濃くなるといったケースもあります。

 

その他にも動悸の発生リスクも挙げられます。こちらも外用する場合はリスクは高くないとされているものの、しかしながら血管拡張という作用を持つ特性上、心臓にも影響を及ぼすこともあるのです。

 

こうした副作用もある成分ですので、それを踏まえた上で活用することが大切です。
クリアンテ

更新履歴